top of page

「ウクライナで起こっている事態に対する自身の認識、立ち位置」について明記しました。


「ルールは社会をなり立たせるための基盤です。今回、その根幹となる決め事が破られたのだとすれば、壊されようといるのは、私たちの寄って立つ基盤そのものです。攻撃されているのは、紛争下のウクライナの人々のみならず、ロシアの一般の人々を含む私たちが生きる世界そのものである、と認識します。こうしたシステムレベルでの破壊に対して私は、(メタな意味において)自分自身が攻撃されているという感覚、いわゆる”自分ごと”としてこの問題を捉えています」




Comments


特集記事
後でもう一度お試しください
記事が公開されると、ここに表示されます。
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square
bottom of page